原文



ビジネスに役立つ実践統計学(応用編)

本セミナーの狙い

・本セミナーでは、統計学をビジネスに活用、応用するために必要な知識・手法について、多くの具体的な事例を用いて実践的に学習します。
 統計学をビジネスに活用するためには、基本的な統計学の知識に加えて、数多くの事例演習体験が必須です。具体的な事例を正しく分析し正しく解釈するトレーニングが統計分析力の養成に役立ちます。
・解決すべき問題の特徴を的確にとらえ最適な統計分析手法を選択する能力、及び分析結果を正しく解釈する能力を身に付け、実務に役立つ統計分析力を身につけることを目的とします。
・演習には、EXCEL及びフリーソフトウェア(Rviewer)を用い、各自1台ずつPCを用いた演習を行いますので、受講後、ビジネスへの実践的活用が可能です。(PCはご用意致しますが、持参も可能です。)
・理解度を深めるために「ビジネスに役立つ実践統計学(基礎編)」を併せて受講されることをお勧め致します。
(特に数学の知識は必要ありません。)

受講対象

・ビジネスにおける統計学の実践的な活用に興味のある方
・統計学の実践的な知識、分析手法につい学びたい方

学習内容(キーワード)・分析事例

1. 統計学の考え方
 平均、標準偏差、確率

統計学を実践的に活用するために必要な基本的な統計学の考え方、分析体系を理解します。

2. 代表値を把握する方法
 平均値、中央値、分散、標準偏差、偏差値、Z値、箱ひげ図、ヒストグラム、外れ値、ビッグデータ

データ集団を代表する値の求め方、活用方法、外れ値等について学びます。
・平均を基準とした評価は正しいのか
・外れ値の決め方

3. 2つの平均値の違い
 t検定、ノンパラメトリック検定、分割表の検定、比率の検定、有意水準、効果量、標本検定力

データに合わせた統計的検定方法、検定結果の解釈の方法について学習します。
・仮説はどう立てたらいいのか
・サンプル数はどの程度必要か
・検定結果に対する信頼性の把握方法
・データに最適な分析手法の選択方法
・有意確率(P値)による判定は万能か

(事例)
・食品における有効成分含有量表示の妥当性
・サッカー選手と野球選手のBMIに違い
・ダイエットサプリの使用前後による体脂肪率の違い
・教材による学習効果の違い
・サッカー選手の評価の検討 等

4. 2つ以上の量の関係
 積率相関係数、順位相関係数、偏相関係数、線形回帰、交互作用、ロジスティック回帰、クラスター分析、k-means法

2つ以上の量の関係について、関係の強さ、因果関係を把握する方法、グルーピングする方法等について学習します。
・データの種類の違いによる相関関係の把握方法
・相関係数の計算方法
・目的変数と説明変数との関係式を求め、因果関係の強さについて検討
・説明変数が質的変数の場合の分析方法
・ダミー変数を含む重回帰分析
・交互作用項を含む分析方法
・目的変数が2値変数(0,1)の場合の分析方法
・複数の変数をいくつかのグループに分類する方法

(事例)
・スマホの利用頻度と学業成績の関係
・人口の影響を除いた場合の地域別広告人売上高の関係
・都道府県別高校野球の勝率と人口、コンビニ件数の関係
・中性脂肪とGOTの関係
・中古車価格と走行距離の関係
・アパート賃料と間取り(トイレの有無、浴室の有無、木造・鉄筋)との関係
・商品機能、デザインと満足度の関係を男女別に検討する
・訪問回数と成約の有無の関係について検討する
・2種類の検査結果と疾患の有無
  ・企業別に商品の特徴によって分類する
・携帯電話をアンケート結果によって分類する 等

5. 対数目盛の活用法

差と比の違い、折れ線グラフ、散布図における対数目盛の重要性、使い方について学習します。

(事例)
・売上高が順調に伸びているグラフとは
・折れ線グラフと棒グラフの違い
・支店別売上高を把握するグラフの作成法
・訪問回数と売上高について月次データから的確に判断する方法

6. 実践演習
 応用力を習得するために各種手法を総合的に連携させた演習を行います。

 

(セミナーの内容は、受講者の希望・理解度等により変更される場合があります。)

・セミナー終了後、希望される方には業務への活用方法等についてご相談に応じます。

 
Copyright © データサイエンス研究所 All Rights Reserved.
S