原文


ピアソンの積率相関関係

広告費と売上高の相関係数を求めて、相関関係の強さについて検討する。

過去10か月の広告費と売上高について次のデータを得ました(単位:億円)。 相関関係が認められるか検討します。

表_No.27ピアソン_①広告費と売上高

出力結果

27 cor

相関係数=0.91889、広告費と売上高には強い正の相関関係が見られます。 また、無相関検定の結果、有意確率=0.00017となり、有意水準5%において有意であると言うことができます。

コーヒーの売り上げと来客数、気温との関係について調べる。

各月の平均気温と、月ごとのアイスコーヒーとホットコーヒーの売り上げ、来客数について調査したところ、次の結果を得ました。 気温と、コーヒーの売り上げ、来客数との間にどのような関係があるか検討してみます。

★積率相関係数 表_売り上げ 気温:℃ コーヒーの売り上げ:杯 来客数:人

データ入力画面

出力結果

気温との積率相関係数はアイスコーヒーの売り上げが0.95977、ホットコーヒーの売り上げが-0.87669、来客数が0.74276といずれも有意であり、気温が上がると来客数が増加、アイスコーヒーが売れ、気温が下がるとホットコーヒーが売れると判断することができます。

Copyright © データサイエンス研究所 All Rights Reserved.
S