原文


二元配置分散分析(2要因ともに対応のない場合)

ファーストフード店の商品について、食感・味付けと、売り上げとの関係を調べる。

次の表は、ファーストフード店の9つの商品について、その特徴(食感=3種類、味付け=3種類)と、ある月の売り上げをまとめたものです。食感・味付けと、売り上げとの関係について調べてみましょう。


wp用_表_二元配置分散分析_食感・味付け

食感の種類:1.もちもち、2.ぱりぱり、3.ジューシー
味付けの種類:1.バーベキュー味、2.和風、3.エスニック
売り上げ(単位):百万円

データ入力画面

wp用_入力画面_食感・味付け

出力結果

wp用_出力結果_食感・味付け

有意水準5%において、要因A(食感)が有意となりました。したがって売り上げは食感の影響を受けているということがわかります。

家電、PC、モバイルの日米間での売上を比較する。

家電部門、PC部門、モバイル部門、それぞれの国内とアメリカでの過去12カ月の売上について調査したところ、次の結果を得ました。
部門間、日米間の売上の差について検討します。


表1_二元配置_家電PC 

(単位:億円)

データ入力画面

13 ratio1

出力結果

13 ratio2

部門と国の主効果、および交互作用が有意となり、国によって部門ごとに売上が異なることがわかりました。

Copyright © データサイエンス研究所 All Rights Reserved.
S