原文


ロジスティック回帰

脂質異常が動脈硬化症のリスクファクターになるかどうかを検討する。

25名の被験者を対象に、動脈硬化症が発症するかどうかを観察しました。

表_ロジスティック回帰_脂質異常

出力結果

35 logistic

偏回帰係数のt検定の結果、脂質異常スコアが有意(0.024 < 0.05)となりました。

また、オッズ比はe^(2.0803)=8.007となり、脂質異常スコアが1の場合、発症リスクは約8倍となります。

Copyright © データサイエンス研究所 All Rights Reserved.
S