原文


 

Rによる統計学入門
(2日間分割開催)

担当講師 若田忠之
場所 株式会社データサイエンス研究所セミナールーム
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館B1F【GoogleMap
定員 15名
申込締切 開催前日もしくは定員に達した時点

セミナーの概要

 本セミナーではRの基本的な使用方法から、Rを用いた統計学の活用方法について学びます。
 Rは統計学、データ分析によく用いられ、統計学の学習・活用にとても相性がよいツールです。統計の学習内容については、標準偏差や正規分布といった「聞いたことがある」という統計用語の理解から、相関や回帰などの実践的な統計手法の活用まで出来るようになるレベルを目指します。
 Rの拡張機能であるパッケージや、ヘルプ機能の使用方法などについても解説しますので、受講後にはその他の新たな統計手法についても独学で習得できるようになります。
 また、本セミナーでは「R Studio」を用い、各自1台ずつ演習形式により進めますので、初心者でも簡単にRを用いた統計を学ぶことができます。

受講目標

・基本的なR 操作を行えるようになる
・Rを用いた統計分析を一人で行えるようになる
・統計学の基礎的な知識・活用方法について理解し、実践的に活用できる

本セミナーではパソコンご用意を致しますが、ご自身のパソコンの持ち込みも可能です。
RのインストールやR内で使用するパッケージのダウンロード、R Studioのインストールなどはセミナー内で解説し、分析データなどもそのままお持ち帰り頂くことが出来ます。
※インターネット接続環境完備

受講対象

・Rの基本的な使い方を学びたい方
・Excelからもう1ランク上のデータ処理を行いたい方
・統計、データ分析に関する基礎を身につけたい方
・データは手元にあるけれど、それをどのように扱ったらよいかわからない方

受講費用

37,800円(税込)

セミナー内容


1.Rについて
 ・Rとは
 ・Rのインストール
 ・パッケージの読み込み
 ・R studioについて

2.Rの基本的な使用方法
 ・「変数」の基本
 ・分析用データの作成
 ・外部データの読み込み
 ・データの出力、書き出し
 ・関数について

3.基礎統計量
 ・平均、中央値、最頻値、最大値、最小値、四分位
 ・正規分布、t分布

4.検定
 ・1標本t検定
 ・2標本t検定
 ・対応のある2標本t検定

5.相関と回帰分析
 ・散布図、相関係数
 ・重回帰分析

6.グラフの作成
 ・ggplot2パッケージの追加
 ・基本的なグラフの作成
 ・グラフのカスタマイズ
 ・応用的なグラフの作成

7.Rのソースコードの調べ方
 ・R内のヘルプ機能の使い方
 ・関数の探し方

(セミナーの内容は、受講者の希望・理解度等により変更される場合があります)
セミナー終了後、希望される方には様々なご相談に応じます。

 

 

   統計学活用支援サイト

Copyright © データサイエンス研究所 All Rights Reserved.
S